ホームカラーかサロンカラーか??

どうも、こんにちはglassの佐藤です。

よくある質問で、ホームカラーと美容院でカラーするのって薬は同じなんですか??

まぁ、薬局行くとめちゃくちゃ種類ありますもんね。

fullsizeoutput_597

基本的にホームカラーとサロンカラーの薬の内容は違います。

通常、髪の毛は弱酸性の状態です。

ここからカラー剤を反応させるためにアルカリ性に持って行くんですけど、このときに使うアルカリ剤が違うものが多いです。

サロンカラーの場合は、アンモニアなど揮発性のあるアルカリ剤を使っています。

これは、薬を混ぜ合わせたあと空気中にアルカリが揮発していくので時間と共に薬のパワーも下がっていきます。

なので、カラー塗布のスピードと仕上がりに合わせた薬剤が選べることが重要です。

その後、30分くらい放置して必ず完全発色させています。

明るくなりすぎて早めに流したりは実はNGです。

アンモニアなどは髪の毛に残留しにくいです。

対してホームカラーはアルカリ剤にモノエタノールアミンなどを使っていることが多いです。

こちらは髪の毛に残留しやすく薬剤が長時間反応し続けます。

なので、シャンプーで流しても成分が髪の毛に残留しているのでダメージは進行していきます。

 

終わった後に薬剤を除去するものなんかもないと思うので、そこも大きな違いかも知れません。

IMG_0728

あとはすでに染まっている部分と根元の黒髪の部分で薬を変えて塗り分けているのも重要です。

黒髪を明るくしながらアッシュやマットなどの色を加色するのに必要な薬のパワーと調合とすでに明るくなっている部分に色だけを加色する薬のパワーと調合は違います。

ホームカラーの場合は、1色で条件の違う髪の毛全部を染めていくのでダメージコントロールと色のコントロールが難しいです。

細かい部分で言うとまだまだあるんですけど、このくらいの違いがあります。

img_0173

皆さんもカラーの知識を付けて、カラーリングを楽しんでください!!

 

instagram ID glass5577

Facebook

便利なインターネット予約はこちらから

Hot Pepper Beauty

glass

岡山県岡山市北区平和町3−22 ハイツ岡本1階

Call 086-206-4136

 

 

広告

ホームカラーかサロンカラーか??” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中